ワイン産地オカナガン地方って?





「カナダでワインが作れるのですか?」

未だにこうしたご質問を受けることがあります。
「カナダは寒い国」というイメージが日本人の皆さまが抱いているためです。しかし、カナダは日本の27倍の国土を有しているため、場所によって気候は様々です。
オカナガン地方はカナダで唯一の砂漠気候です。
ハワイからカナダ西海海外に向かう暖流に沿って暖かい風が吹き込み、アメリカ・ネバタ州から灼熱の乾いた熱波が北上し、2つがぶつかる場所が、ここオカナガン地方です。
そのため、カナダの中でこの地方だけが局地的に熱くなり、乾燥し澄み切った空気に包まれるワインのパラダイスとして世界的に有名なのです。


世界的に注目されるオーガニックワインの産地

乾燥した気候のためブドウに付く病害虫が発生しません。
そのため、一切の農薬や殺虫剤を使わないオーガニックのワインが作られるのです。


超地産地消のワイン産地

オカナガン地方には大小200以上のワイナリーがありますが、生産量が需要に追いつかず、基本的に海外へ輸出をしていません。カナダ国内で完全に消費される超地産地消のワイン産業です。
そのため一般的に日本の市場に出回ることがないため、結果として日本の皆様がオカナガンワインを日本で見かけることが無いというわけなのです。



カナダは湖に恵まれた大自然の国です。数ある美しい湖の中でオカナガン湖はその代表です。
大都会のバンクーバーから内陸に450km離れたオカナガン湖の周りには大小200を越すワイナリーが集まる北米で屈指のワイン産地です。
オカナガン湖に向かった緩やかな斜面に広がるブドウ畑は四季折々の風景を楽しませてくれ、どの場所からもオカナガン湖を一望できる絶景地です。

「ため息が出るほど美しい」

一生に一度は見たい!と思わせる素晴らしい風景が広がるオカナガン地方です。



オカナガン地方の中心都市ケロウナ

オカナガン地方で最大の町がケロウナ市です。私は1999年3月にカナダに移住し、このケロウナ市に居住しました。

日本では無名のオカナガン地方、ケロウナですが、カナダ人が将来住みたい町の人気ナンバーワンであることはカナダ国内では有名な話です。


南北に細長いオカナガン湖の畔に広がる街並みは、レイクリゾートとしての認知を高め、カナダ国内屈指の人気リゾート地として発展を続けています。



年間降水量はわずか300mmで、晴天率と日照時間はカナダ最長を誇る天気に恵まれた町です。

日本では大手旅行会社の一般ツアーコースに含まれていないため、日本のメディアで取り上げられることは皆無ということで、日本人には未だに知られていません。

しかし、自然環境の良さ、治安の良さ、対日感情の良さなどから、日本人留学生も多く、日本から短期の高校生の語学研修旅行も増えてきました。

日本人にとっては、カナダの穴場的な町と言えるでしょう。



広大なオカナガン湖の周辺には、大小220を超えるワイナリーが集積し、良質なワインを作り続けています。

農薬を一切使わないオーガニック製法のワインなので、安全性に優れ、ブドウ本来の味わいを引き出していることから、世界的に注目されています。また、高級デザートワインとして有名なアイスワインの産地でもあります。


ワイナリーのブドウ畑は、春の新緑から、夏の深緑色、秋の黄金色まで、オカナガン湖の青色と絶妙なコントラストを描き出し、360度の美しい景色を見せてくれます。

ワインの味わいとともに、目の前に広がる景色はカナダ随一の景観です。



日本人は一般的にカナダは寒い国だと思いがちです。冬のカナダの映像が日本のテレビで数多く放映されていることが影響しているのでしょう。

でも、よく考えてみてください。狭いと言われる日本ですら、北海道と九州、沖縄では全く気候が異なります。

カナダは日本の27倍の面積を持つ世界第二位の広大な国ですから、場所によって気候は様々です。


オカナガンはカナダで最も温暖な地域で、春先から気温は30度を超え、夏は35度を超える日が続きます。しかし、砂漠気候のため、湿度が低く、カラッとしているため不快感が全くありません。


年間の日照時間は2000時間を超え、これはカナダで最長であるとともに、実はハワイのホノルルよりも長い晴天時間なのです。ケロウナは別名「カナダのハワイ」と言われている町です。


ケロウナはこの砂漠気候によって、温暖な四季を楽しめる町です。3月になれば春めいて、日本よりも長い春を楽しめます。うっとうしい梅雨もありません。

夏はアロハシャツと短パンというのがこちらの着こなしです。さらっとしてベトつかない夏は最高のシーズンです。

9月の終わりから、ゆっくりと秋が深まっていきます。自生樹は黄色く色づきますから、10月のケロウナは黄金色に染まります。

冬の気温は、体感温度としてはあまり寒く感じません。これも砂漠気候の特徴なのですが、カラッとした寒さという印象で、芯から凍えるという寒さに感じません。



日本では無名のケロウナですが、実はカナダの人気スポットです。

快適で温暖な気候と、文化、教育レベルの高さ、治安の良さなどが相まって、近年カナダ人が住んでみたい町の人気ランキングでは一位に輝いています。


カナダ国内やアメリカ、ヨーロッパから富裕層が集まり、年間の半分をケロウナで暮らす人も多いことから、カナダの中で最もお金持ちが多く集まる町に変貌しています。


恵まれた気候を活かし、ゴルフ、スキー、レイクスポーツ、トレッキング、キャンプ、フィッシングなどのアウトドアを気軽に楽しめる環境が整っています。それらをライフスタイルに組み組む人たちにとっては、理想的な町がケロウナです。