ご購入可能なワインリスト



カナダBC州オカナガン産ワインを、私は直接日本に輸出しております。日本では福岡で輸入上陸させた後、福岡市の株式会社ハチヨンラボに在庫管理および発送業務を委託しております。

全てのワインは直営ウェブサイト【わいん@カナダ】からご購入可能になっております。




<極上スイーツワイン> 
カナダ産・白アイスワイン 
リースリング 2017年産 


2014年以来、3年ぶりに収穫に成功しました。製造元のワイナリーは、その年 に一番育ちが良いブドウをアイスワインにします。前回の2014年産はビオニエを用いました。2017年産はリースリング100%で生まれました。非常に 少なく希少なアイスワインで、わずか900本しか作られていません。まさに「幻のアイスワイン」です。
口に入れた瞬間、爽やかな青リンゴを思わせる香りと味わいを感じることができます。アルコール度も高めの仕上がりで、アイスワインの中でもフルボディにカ テゴライズされます。究極のこの逸品の味わいは見逃せません。

*ご購入ページはこちら



<極上スイーツワイン> 
カナダ産・ピンクロゼ・レイトハーベストワイン
ガメイノアール 2012年産 


極上のデザートワインとして知られるアイスワインは、収穫時の気温がマイナス8〜15度の間という厳しい規定があります。天候に左右されるため、ワイナリーでは、極一部のブドウを事前に収穫してワインにします。
それが、レイトハーベストワイン(遅摘みブドウ)です。いわゆるアイスワインの弟のようなワインです。収穫時の気温はマイナス5度前後ですから、アイスワインのような濃厚な甘さにはならない特徴があります。
しかし、このレイトハーベストは、ほとんどアイスワインと遜色ありません。しかも、非常に珍し赤ブドウを使っており、極少規模の生産数のため超限定品です。
ガメイノアールという赤の品種を用いているところも特筆すべき点で、カナダで唯一のガメイノアールのレイトハーベストワインです。
しっかりした赤の香りと、アイスワインに負けない芳醇な甘さをお楽しみいただけます。

*ご購入ページはこちら



カナダ産・白ワイン 
ゲベルツトラミネール 2015年産 


準砂漠性気候の土地としては世界最北端の北緯49度に位置するカナダ・ケロウナ市は疑いもなく白ワインの銘産地です。
地元最大のワインコンクール「オカナガンワインフェスティバル」で過去2度にわたり金賞を受賞したワイナリー自信の商品がこの「ゲベルツトラミネール」です。ライチやメロン、トロピカルフルーツを思わせるアロマティックでエキゾチックさ溢れる豊かな味わいで、リピート注文頂く方も多い人気商品です。セントヒューバータスのワインはワイナリーに併設されたオカナガン湖畔の緩やかな斜面に植わる自社直営で管理の行き届いたブドウ畑のブドウを使用して作られています。

*ご購入ページはこちら



カナダ産・白ワイン 
リースリング2017年産


準砂漠性気候の土地としては世界最北端の北緯49度に位置するカナダ・ケロウナ市は疑いもなく白ワインの銘産地です。
このワインの特筆すべきポイントは、カナダBC政府公式晩餐会用に採用された名誉あるワインに選ばれたという点です。オカナガン地方で作られたワインの中から300種類がノミネートされ、最終選考で15種類のワインが公式採用されました。このワインはその15種類の中のひとつです。
このような名誉あるワインは通常、海外はおろか州外に出回ることはありませんが、今回、ワイナリーのオーナーのご好意で特別に日本輸出にご理解を頂き、初の日本上陸となりました。

*ご購入ページはこちら



カナダ産・白ワイン 
ピノブラン 2017年産
 

前年ビンテージから、このピノブランは某大手外国航空会社が独自に選ぶ世界厳選ワインにピックアップされ、このビンテージもファーストクラスのワインリストに採用されました。
カナダ産ワインでは唯一、このワインだけという栄誉あるワインです。穏やかに落ち着いた風味の中に地味ながらしっかりとした存在感を味覚で感じることができる大人の白ワインです。特に和食との相性が素晴しく、刺身系料理とのカップリングはその絶妙さを忘れることができないほどです。
生産元のワイナリーの看板商品のため、ワイナリー以外での販売は原則行なわれていません。ただし、このワイナリーとの信頼関係が厚いことから、今回、ようやく日本への輸出枠を頂くことができ、初の日本上陸となりました。

*ご購入ページはこちら



カナダ産・白ワイン 
グレイトホワイトノース 2018年産


準砂漠性気候の土地としては世界最北端の北緯49度に位置するカナダ・ケロウナ 市は疑いもなく白ワインの銘産地です。
このワインの特筆すべきポイントは、4種類の白ブドウをオーナー自ら配合割合を何度もテストをして決めながら、優しくも上品で記憶に残る味わいを追求して いるという点です。
ゲベルツトラミネールをメインにし、スイスの人気品種であるシャスラを使い、リースリングで全体を整え、強い香りが特徴のショーンバーガーでフローラルさ を強めています。
絶妙なこの白ワインは、やや辛めでありながら、日本食からイタリアン、フレンチまで幅広い料理とのマッチングを楽しめます。

*ご購入ページはこちら



カナダ産・赤ワイン 
ガメイノアール 2018年産 


単一品種(100%もの)の赤ワインとしては、世界中を探してもなかなかお目にかかれない珍しい赤ワインに出会えることが、この産地の魅力のひとつです。 このガメイノアールもまさに、その代表と言えるでしょう。通常、ガメイノアールは他品種とブレンドされることが一般的ですから、ガメイノアールだけの100%赤ワインというのは、マニアの間で垂涎の的となります。
産地オカナガン地方ですら、ガメイノアールの100%単一品は、片手で数えるほどしかありません。生産元のワイナリーのオーナーが、個人的にガメイノアールに情熱を注いでいる方なので、このワイナリーでは超マニアックと言われるガメイノアールを主力生産しています。
味わいはとても固く、頑固です。あえて言うならば、「愛嬌がある生意気盛りの高校生」というイメージがピッタリです。
以前、このフレーズがワイナリーで話題になったとき、ワイナリーのオーナーが、「それは僕のことかい?」と茶目っ気タップリに語っていたことを思い出します。

*ご購入ページはこちら



カナダ産・赤ワイン 
フォッシュ 2017年産


「フォッシュ」という赤品種をご存知の方はソムリエの中でもほとんど見かけません。これまで数多くのソムリエ、ワイン専門家が当地オカナガン地方にお越し頂きましたが、一様に「初めて知った品種だ、、、」と驚きを隠せずにいました。
フォッシュ(別名マーシャルフォッシュ)はフランス原産の古い品種で、このフォッシュ単一100%の赤ワインは世界中を探しても見つけることが難しいとされています。
オカナガン地方は多品種少量生産が特徴のワイン産地で、フォッシュを作るワイナリーは意外と多いのですが、その中でこのワイナリーが作るフォッシュが一番美味しいという評価を地元のカナダ人から得ています。
比較的、冷涼な地帯でも早熟性に富み、重厚な味わいに仕上がるブドウのため、しっかりとしたフルボディに仕上がります。
重く濃いビターとタンニンは、赤身肉や脂の乗った和牛との相性が抜群で、多くのファンを魅了している至極の逸品です。




*ご購入ページはこちら